小田原市内のお客様へ 公共下水道接続工事のおすすめ

下水を公共下水道で処理できる処理区域になるとくみ取り便所は、処理開始告示日より3年以内に水洗便所に改造すること、また、し尿浄化槽で処理していた水洗便所は、速やかに改造して公共下水道に接続することが下水道法で義務づけられています。
公共下水道に接続すればくみ取りのときに悪臭でご近所に気兼ねすることもなく清潔です。 また、浄化槽が不要になりますからそのスペースを有効利用することもできます。
公共下水道への接続工事は施工実績豊富な当社にご用命下さい。


公共下水道接続工事(水洗化工事)の施工実績の豊富さと高い技術力が評価され平成19年度、20年度、21年度と3年間連続で小田原市長様より感謝状を頂きました。

平成21年度

 

 
平成20年度   平成19年度


お見積から完成までの流れ

1. お客様 お客様から出雲浄水へ 当社   見積もりのご依頼(お見積は無料です)
2. お客様 出雲浄水からお客様へ 当社  

見積もりのための調査にうかがいます。
既設桝、管の状況や浄化槽の大きさ、コンクリート舗装の有無、その他障害物等の調査、公共桝までの新設管布設距離などを計測します。 所要時間は約1時間です。

3. お客様 出雲浄水からお客様へ 当社   見積書をお届けします。 現場調査後約2営業日後
4. お客様 お客様から出雲浄水へ 当社   工事のご依頼
5. お客様 出雲浄水からお客様へ 当社  

工事の申請手続き
当社で必要書類を作成し、お客様にご捺印いただきます。

6. お客様 出雲浄水からお客様へ 当社  

工事の施工 (着工前に予定をご連絡いたします。)
※工事日数は工事規模等により異なりますが、一般的な場合で3日から4日程度です。 そのうちトイレが使用できなくなるのは1時間から半日ほどです。
また、トイレの改造など屋内の工事がない場合は、お買い物などで外出されても工事は可能です。
工事完了後はすぐご使用になれます。

7. お客様 出雲浄水からお客様へ 当社   工事完了後、当社で小田原市の完成検査を受ける手続きをいたします。 検査当日は小田原市の担当課職員の方がうかがいます。
8. お客様

出雲浄水からお客様へ

お客様から出雲浄水へ

当社   小田原市の助成金制度対象のお客様には当社で助成金申請書類を作成いたしますのでご捺印下さい。 また、お客様の納税証明書などご用意いただく書類もございます。 必要書類が整いましたら当社にて代行申請いたします。
           
ご注意: 以上が一般的な流れですが、個々のケースで異なる場合もあります。 

 


 小田原市助成制度 

 水洗化工事の助成制度 

水洗化工事資金の無利子貸付制度があります。(個人のお客様)
 ● 大便器1個につき40万円以内、36ヶ月均等返済(最高400万円まで)
         または
下水道処理区域になって3年以内に接続を行うと助成金が受けられます。(個人のお客様)
  処理開始より1年以内に水洗化工事を行うと50,000円 (平成21年4月1日以降処理開始地区)
  処理開始より1年以内に水洗化工事を行うと30,000円 (平成21年3月31日以前処理開始地区)
  処理開始より2年以内に水洗化工事を行うと20,000円
  処理開始より3年以内に水洗化工事を行うと10,000円
          さらに
  住宅建築後7年以内に水洗化工事を行うと70,000円
     以上の無利子貸付制度または助成金のどちらかを選択します。
    (注)助成制度を受けるためにはいくつかの条件があります。
    (注)新築や増改築に伴う工事や法人様には適用されません。
アパートの水洗化でも助成金が受けられます。(アパートのオーナー様)
  建築時期に関係なく水洗化工事を行うと住戸数×10,000円
     例えば、4世帯のアパートの場合40,000円


 19年度から私道の下水道管にも助成制度が適用 

● 私道に設置した下水道管に汚水管を接続する場合は、いままで補助金の対象外でしたが、
   平成19年度からは補助金の対象となりました。

私道の下水道管にも助成制度が適用

当社にご相談いただければ、お客様のお住まいが処理区域か、どのような助成制度が受けられるかお調べします。 この機会に是非当社にご用命下さい。

(注)助成制度を受けるためにはいくつかの条件があります。

 

このページのトップへ


お問い合せ・見積は設備課までお願いいたします。
電話 0465(42)4721