クイックリバース グレーチング修繕工法

枠なしグレーチング蓋を枠付きボルト止め式のグレーチングに交換

(QR受け枠使用)

作業終了後、直ちに交通解放できます!

 クイックリバース・グレーチング修繕工法の特徴    

  1. 1. 当社製受け枠と樹脂コンクリートの使用で施工が早い
  2. 2. 作業終了後直ちに交通解放が可能。

 

 施工手順 

1   2
施工前 受け枠下部のコンクリートが剥落した状態 矢印 施工前 内部の状況

施工前

 

当社加工のグレーチング受け枠を設置する箇所を清掃

 

3   4
注入孔穿孔 矢印 受け枠設置・配筋・型枠及び配筋の状況

コンクリートの下地にプライマーを塗布

  グレーチング受け枠を設置する箇所に
樹脂コンクリートを敷き均します

 

5   6
樹脂コンクリート打設 矢印 断面図

グレーチング受け枠を設置し、
プライマーを塗布

  当社骨材とエポキシ樹脂で
樹脂コンクリート を練り混ぜます。

 

7   8
完成 矢印 完成(内部の状況)
受け枠の周囲に樹脂コンクリートを充填   樹脂コンクリートの上に骨材を散布して完成

 

 

前の施工例

前の施工例

次の施工例

次の施工例 

 


 

各種施工例一覧はこちらをご覧下さい。

 

施工実績はこちらをご覧下さい。

 

 

施工及びお問い合わせは現在神奈川県西部地域の官公庁様のみとさせて頂いております。

 

あしからずご了承ください。

 

電話 0465(42)4721

 

 

このページのトップへ

このページのトップへ